小学生から英検を習得しておこう|将来を見据えて

2人の女の子

グローバル的な成長のため

グローバル社会となっている現代では、将来のことを考えて幼い頃から英語や異なる文化と親しませるため、子供をインターナショナルスクールに通わせるという選択肢もあり、日本でも昨今注目度が上昇傾向にあり、利用者も増加しています。

2人の子供

効率良く英語を身に付ける

幼稚園の代わりに英語を学ばせる場所として通わせる人が増えているのがプリスクールです。小学校入学前の幼児が通う場所であり、英会話教室と違って英語学習をするというよりは日常生活で自然と英語が身に付けることが出来る場所となっています。

Recommended

  • RISEJapan株式会社

    プリスクールについて知りたいなら、こちらを見てみるといいでしょう。資料請求をすることも可能になっていますよ。
  • カワイ音楽教室

    お子さんにピアノを学ばせたい方は必見です!音楽教室のレッスンに興味があるなら、こちらのサイトを見ておきましょう。
  • 東京英才学院

    幼児教室を吉祥寺で通いたいと考えているなら必見になります。ここなら2才から6才までが気軽に通うことができますよ。

英文科に入りやすくなる

英語を書く女の子

海外留学ができやすくなる

英会話スクールなどの英語専門のスクールに通うと、当然、英語の成績が上がってきます。数年前から小学校で英語の授業が導入されたこともあり、最近は、小学生のうちから英会話スクールに通う子どもも少なくありません。それに、小さいうちの方が記憶力も発達しているため、自然と英語を覚えることができます。特に、英検も受けておくと将来に役立ちます。小学生でも英検を受けることはできるのです。学校の授業で受けることはないものの、通っている英会話スクールで勧められることがあります。例えば、小学生のうちに中学校卒業程度の英検3級に受かっていると、中学受験に有利となるはずです。また、海外留学をしたかったり、大学は英文科に入りたかったりする場合にも有利になります。というのも、英検は内申書に記載できる特技もしくは資格と言えるからです。中学生が中学卒業程度の英検3級を持っているのは当たり前ですが、小学生なら話は違ってきます。だからこそ、小学生のうちに英検3級まで取っておくと優秀だと誰からも思われるはずです。それから、小学生のうちに将来の夢が通訳や英語教師という夢を持っている場合にも、早いうちから英検を取得しておきましょう。英検は3級の上となる2級から難しくなると言われています。2級は高校卒業程度ですが、高校を卒業した人でも取得できないことが多いのです。さらに準1級や1級もあるため、どんどん勉強して取得していった方が有効的です。

女性と女児

幼い頃から親しむことで

グローバル化が進行している現代では、小学生から英語が必須科目となっています。それよりも早い段階で英語に親しむべく保育園や幼稚園などでも英語教育に取り込む施設が増加傾向にあり、保護者たちから評価されています。