歯医者の治療が一度では済まない理由

あなたの歯医者に対するもやもやを解消します

PICK UP!

歯医者が患者を何回も通院させる背景に迫ってみた!

歯医者が1度で終わったためしがないという方も多いはずです。 多くの場合、何回も通院しますよね。 しかしそこにはいくつかの理由があります。 こちらでは、歯医者の治療が1度で終わらない理由をお伝えしています。 これまで歯医者に抱いていたもやもやが一気に晴れるかもしれません。

PICK UP!

これで何回もの通院も納得!歯の治療の特性と保険制度でのしばり

「歯医者に何回も通院する背景には何があるのだろう」 そうお考えの方もいらっしゃるはずです。 こちらでは、なぜ何回も通院する必要があるのかを歯の治療の特性と保険制度に焦点を当てて深掘りしていきます。 あなたが歯医者に何回も通院しなくてはならない時、その理由に納得できるはずです。

歯医者の治療はなぜ1度で終わらないの?その理由とは

歯医者の治療はなぜ、何回も通院しなくてはいけないのでしょうか。
例えば内科などに風邪で来院した場合、大抵薬を処方されると再度来院することはありません。
歯痛と風邪とでは何が違うのでしょうか。
はたまた人によっては「歯医者は自分が儲けるためにわざと患者を何回も通院させているんだ」と疑いの目を向けていらっしゃる方もいます。

大抵の場合は1回の診療時間が30分から60分。
1回1回、予約のためにスケジュールを確認し、そのために時間をかけて来院。
でも治療時間は30分ほどです。
「もっと2時間3時間かかってもいいから、来院の手間を省くために通院回数を少なく済ませたい」
そう思ってしまうのも無理のないことです。
「今日はこれで終わりか。いつになったら終わるんだろう」
先が見えないので憂鬱な気持ちにもなってしまいますよね。

「歯医者だって何回も受付の事務をするのは手間だから、1回で済ませたほうがいいんじゃないか」
そういうふうにも思えます。
受付事務では予約表を確認したり、そこへ間違いなく記入したり、診察券の受け渡しをしたりと、何かと1回1回の作業は手間がかかっています。
歯医者のほうでも1回1回の診療の度に、カルテを書き、それをパソコンに入力しといった作業をしています。
治療時間を長くすれば、それらの作業が減るのにとも思えるのですが、なぜそうしないのでしょうか。

しかし理由には、納得の背景があります。
こちらでは歯医者が1度で済まない理由についてわかりやすくお伝えしていきます。
また早期治療を謳う歯医者にかかる場合の注意点や定期健診の必要性についてもまとめています。
これまでもやもやしていた歯医者への疑問が、これで解消するのではないでしょうか。

早期治療での注意点と定期健診の必要性

「短期集中治療と銘打っている歯医者でしても同じなのかなあ」 どちらで治療をしようか迷っていらっしゃる方もいるはずです。 そこで、早期治療をする場合の注意点と定期健診の必要性についてお伝えしていきます。 早期治療での注意点がわかるとともに、定期健診の重要性についてもご理解いただけると思います。

TOPへ戻る