小学生から英検を習得しておこう|将来を見据えて

ボーイ

グローバル的な成長のため

ENGLISH

世界に通用するように

日本でインターナショナルスクールといえば、基本的に海外赴任者の子供の教育のための施設として利用されることが一般的です。しかしそういった子供でなく、ごく普通の日本人同士の間の子供でも、最近は英語力や世界に通用する価値観などを身につけてほしいと望み、あえてインターナショナルスクールを選んで子供を通わせるケースもあります。そんなインターナショナルスクールに通うメリットとしては、やはり英語が身近であり、授業やスクール内の会話もほとんど英語なため、自然に身につくようになっているところです。また教育方針も日本のものと異なり、教師も教育熱心な上、子供たちが自分で考えて行動するように仕向けるため、自発性が育まれます。さらに多国籍の友達ができるため、異なる文化や価値観に接することも多く、自分と異なる意見などにも寛容になれる傾向があります。もちろんそのインターナショナルスクールによって教育方針なども異なりますし、中には日本人の生徒が大半を占めるスクールなどもあるので、選ぶ際にはいろいろ注意が必要です。ただし日本人の生徒が多いインターナショナルスクールでも文部省の許可を得ており、日本の教育を受けつつ英語力が発達する学校などもあるので、必ずしも日本人の生徒が多いから英語がものにならないというわけではありません。それゆえに学校の教育方針や国際的な評価団体による認定の有無、老舗がどうかといったことをいろいろ考慮して学校を選び、グローバル社会でも通用する環境を子供に与えてあげましょう。