小学生から英検を習得しておこう|将来を見据えて

ボーイ

幼い頃から親しむことで

女性と女児

楽しみながら身につくため

国の規定通りに小学校から英語を学ぶのも良いですが、より早く英語を身近に感じさせるために、もっと幼少期から子供に学ばせたいという親も増えています。そういった風潮から保育園や幼稚園などでも英語を取り入れるケースが増えています。また英語を学ぶのではなく日常的に使うことで、自然に子供たちがなじむことを目的としたプリスクールという保育園も登場し、ますます過熱化しています。このような保育園では、基本的に学校のような本格的な英語を学ぶのではなく、遊びの一環として利用するため、ゲームや歌、ダンスや読み聞かせなどで英語を使用しています。なお、保育園によっては日常会話すべてを英語にしているところなどもあります。また、保育士もバイリンガルや英語を得意とする日本人であることはもちろん、外国人講師を招くなどの対応をとっているところもあり、ネイティブに近い発音を覚えさせることも可能です。このように保育環境そのものが日本でありながらインターナショナルな雰囲気になっているため、そこに通う子供たちは自然に日本語だけでなく、英語も覚えるようになります。とくに幼少期の方が脳の情報吸収率も高いため、大人になってから覚えるよりも簡単に覚えられるというメリットもあります。ただし家庭では日本語を使うため、二つの言語が混雑することなどもあります。また小学校では日本語での環境となり、国語で長文なども読んだり書いたりするため、あくまで日本語は家庭内でしっかり使い、国語を苦手にさせないようにすることも大切です。